家が売れない人の共通点とは?

 一戸建てやマンションを売ろうとして、期待通りに進められなかったという話をよく聞きます。その度に思うことは何か原因があるのだろうということ。買い手が見つからないというのは、確率の問題ではなく何か理由があるからです。

 

 もし、このコラムをお読みになられている方が家を売ることになった時に、「期待通りに売却を進められなかった」といった結果は、何としても避けたいことでしょう。今回は、そんな家が売れない理由のパターンと、売れない家を売るための対処法をお話していきます。

 

・相場を客観的に把握できていない

 

 まず多いのが家の相場を把握できていないという事です。一般的に家を売るとなると不動産会社が現地査定を行い、そこから売却価格を設定します。多くの方は、不動産会社が出した売却価格が適正な価格だろうとは思うのが普通ですが、不動産会社も儲ける為に買い叩こうとしているのではないかと疑念を抱く傾向があります。

 

 また、ご近所が1坪100万円で売れたから自分の家も売れると思い違いをしてしまったり、バブルの時期に買った価格より安い査定を受ける事に抵抗があるという所有者の方も多くいます。その価格が実際購入を検討される人たちの相場観とギャップがあって、なかなか売却が決まらなくなってしまうという事が起こり得ます。このようなことにならないように、ご自身の物件の相場をきちんと確認しておくことが大切です。

 

・問い合わせが少ない

 

 続いてのパターンが、問い合わせが少ないというケース。こちらは、前述の家の相場を把握できていないパターンから売却価格が、相場とかい離していて、購入希望者が現れないケースと、仲介する不動産会社のほうで販促活動が十分に行われていないという理由が考えられます。

 

 不動産売買はタイミングが重要です。問い合わせが少ない=不動産会社の販促活動が悪いと決めつけてしまうのは早計ですが、それでも不動産会社の進捗連絡があいまいだったり、不明点が多いようでしたら、仲介担当者の変更の可能性も含めて売却活動の見直しをしていくことをお勧めします。

 

・家の中が汚い

 

 内覧に来る人は多いのに、なかなか購入希望者が現れないというのに多いのが家の中が汚いというパターン。

 

 引き渡すときはきれいにするのだからと思われるかもしれませんが、内覧に来る方からすれば、これから人生最大の買い物をするかを決める、重要な判断をしに来ているのです。不動産物件を購入される方は、必ず内覧で購入するかの判断をします。その判断が少しでも前向きなものにしていけるためにも、家の中はきれいに掃除と整理整頓をしたうえで、内覧を迎えるようにしましょう。

 

 前述させていただきましたが、不動産売買はタイミングが重要です。弊社ではそのタイミングを逃さない準備のお手伝いをさせて頂いております。売却に際し、お困りな点がございましたらお気軽にご相談下さい。

 

 

・家の相場を把握出来ていない

・内覧の数(問い合わせ)が少ない

・家の中が汚い

・インターネットで自分の家の情報を見つけられない

関連記事
ご相談はこちら
無料資料請求