不動産売却へ向けて知っておくこと!コラム

知恵袋

kushuithu_c

アパートの売却、空室だらけだとどうなる?

 築年数が経過したアパート所有は、「修繕管理費等がかかる」「地震などの自然災害等で倒壊の危険が出てくる」「家賃を下げても…

genkinka_c

一か月以内に不動産を売却して現金化するには

不動産の処分(現金化)をするためには、売却希望者が売却までにしておく事があります。一般的な不動産においては、「立…

souzoku_c

相続人がいない、不動産処分について

 自分の死後に不動産などはどのようになるか考えておかなければなりません。 まず所有権はどのようにしなければいけな…

mitouki

未登記物件を売却する為には?

 「未登記物件」とは、住宅や車庫、倉庫、アパート、マンションなど登記がされていない建物のことを言います。建築された建物に…

再建築不可物件を保有するリスク

再建築不可物件には、保有するリスクが多数あることを念頭に置いておかなければなりません。【車両の進入(通行)】…

古アパートを保有するリスク

築年数が古くなるにつれて、入居者(部屋を借りるお客さん)が限られる傾向(高年齢や生活保護者など)にあるようです。一方で、…

狭小地

●概要「狭小地(きょうしょうち)」の語彙に明確な定義はありませんが、不動産業界では一般的に15~20坪以下の土地のこ…

既存不適格建築物

●概要建物の中には既存不適格建築物というものがあります。既存不適格建築物というものは、事実上建築基準法に違反している…

建築基準法

●概要建築基準法とは建物を建築するうえで最も基本となる法律です。国民の生命・健康・財産の保護のため、建築物の…

/

建築基準法上の道路

●概要建築基準法が定める「道路」とは、公道などの幅員4m以上のものをいいます。ただし、幅員4m未満の道路でも建築基準…

さらに記事を表示する
PAGE TOP