セブツアー 番外編

あたりも薄暗くなってきました。

4泊5日にわたるセブ島の不動産視察ツアーもいよいよ終わりです。

 

最後に訪れたのは、島内でも重要な歴史的な場所といえる『マクタンシュライン』

 

象徴的なのは、ラプラプ王の銅像です。

 

 

この像は、有名な冒険家マゼラン率いるスペイン軍に勝利したことを称えて建てられました。

 

偉大な冒険家であるマゼランはこの戦いで戦死することになります。一方、ラプラプ王は、ヨーロッパ人からの侵略を防いだ最初のフィリピン人となり英雄となりました。

 

 

今から約500年前の激戦地とは思えないほど、ここマクタン地区も開発が進んでいますが、とてものどかな場所です。

 

観光名所らしく今日も土産売りのにぎやかな声が聞こえてきます。

 

関連記事
ご相談はこちら
無料資料請求