私道においてのデメリット・リスクとは

私道にはメリット・デメリットがそれぞれあります。中でもデメリットに関してはあまり思いつかないかもしれません。

今回は私道のデメリットやリスクについてお話しします。

 

 

私道の主なデメリットとは

〇公道に面している土地と比べると評価が低い

まず、私道のメリットとしては、公道に面している土地よりも安く土地を購入できるケースが多いということです。確かに買う時に安いと「いいな」と考えるかと思います。ただ、買う時が安い=売るときも安いということを頭に入れておきましょう。

私道はルールが細かく、その私道ごとの環境などによるデメリットが発生することもあり、不動産の売買価格が落ちたり、その物件の評価にも影響するケースが多くあります。

私道とはいえ好き勝手できるかというとそういうわけでもないため、少なからずマイナスなイメージがついてしまいます。

 

〇私道の維持管理は実費負担

私道も道路なので、コンクリートだったりそうでなかったり様々あります。年数が経っていたり通行の状態によってはわだちができてしまったりとどうしても劣化しますが、この私道の舗装をおこなうときにはその個人、もしくは共有者全員の実費負担になります。

共有者がいる場合、個人で勝手に決定してしまうとトラブルのもとになりますので、全員で話し合う必要があります。すぐに決定すればいいのですが、なんらかの事情で1人がごねてしまうと話し合いが長引き、取り掛かるまで時間がかかってしまうこともあります。

公道に関しては市や区などが管理をしているので舗装しても個人のお金はかからないため、その点で私道としてはデメリットとなります。

 

〇上下水道・ガスなどを引き込みにくくなる

私道は道路とはいえ、権利者が所有している土地です。私道に面している土地を購入して家を建てようとする場合は、その私道の所有者の掘削承諾書というものが必要になります。そのため、私道物件を購入しても切削承諾が出ていなければその場所を掘ることができないため、家を建てられなくなってしまうこともあります。

仮に切削承諾が出ていたとしても、機材や建築材料などの搬入をするためにはその私道を通らなければなりません。なので、事前にその私道の所有者にお話をしておいたり、通行許可を得てから通行するようにしましょう。いくら業者とはいえ、勝手に所有地に入るのはトラブルのもとになります。

安いからといってすぐに飛びつくのではなく、事前に切削承諾が出ているかを確認しましょう。

 

〇違法駐車は取締ができない

私道内に違法に駐車している車がいるとします。「警察に連絡してレッカー移動してもらおう。」と思っても、実はそれができません。

というのも、私道は道路交通法が適用されません。なので、警察にお願いして違法駐車として取り締まってもらうこともレッカー移動もできないのです。

全く何もできないというわけでもなく、私道内に12時間以上青空駐車をしていた場合は警察から警告を出してもらうことができます。その場合は何かしらの証拠が必要になります。

 

 

その他のデメリット

私道に面している物件を購入したとして、じゃあその前の私道が自分のものかというと必ずしもそういうわけではありません。私道に「面しているだけ」というケースです。目の前が私道でも自分には持ち分が無く、所有者が全く別の人ということがあります。自分の持ち分が全くない場合、住宅ローンの融資が受けられないことあります。

また、その私道の所有者が別にいて「ここはこういうルールだから」というそれぞれのルールが定められていることがあります。これを既得権益といい、例えば「その私道を通るときはお金を払う」とか、「歩行者は通すけど車は通さない」などさまざまあります。

そうなるとどうしても交通が不便になったり土地利用用途が限られてしまい、土地価格が下落してしまいます。

 

 

まとめ

私道にはメリットもありますがデメリットもあります。購入時の価格は安いことが多いですが、その分売却時の価格にも影響します。購入価格が安いからとすぐに決めるのではなく、私道の所有者やルールを確認したうえで購入するかどうか決定をしましょう。

関連記事
ご相談はこちら
無料資料請求